ろうそくこぼれ話「あっても、ないない。

 耳にやさしい響きをもつと言われる彦根ことばに、「承知する・承諾する」という意味の

「ないない(諾々)」

という言葉があります・・・。

 むかしむかしある日のこと・・・
 彦根のろうそく屋にやって来たお客さんが、「ろうそくありますか?」とたずねたところ、店の人は「ハイ、ないない。」という返事をしてどんどん奥に行ってしまいます。へんだなと思いながらも、ろうそくが売り切れてないものと勘違いしたお客さん。実は店の人は急いでろうそくを取りにいっていたのですが、ろうそく片手に戻ってみるとすでにお客はいなかった、という本当にあったお話です。


城下町夢あかり館